走行記録、明和町まで

大泉町自転車専用道路

昨日の呑み会で車を置きっぱなしにしてあるので、これを口実に自転車で取りに行くことにした。
今日は気圧の関係で、朝から強い北西風。目的地は明和町。絶好の追い風ルートだ。風の割には気温は高めだが、少し防寒対策をして出発する。
最初に考えたのは蛇川から利根川に出てひたすら下る計画。ルートはいつものじて通路を通り南下する。追い風でペダルを回すこともなく難無く進む。少しは下半身にプレッシャーを与えないとまずいので、回すパフォーマンスだけは行う。


前橋館林県道を通過した辺りから路面が荒れてきたのが気になった。所々で下水から浸みだしたのだろうか、水たまりが出現したりしてすこし閉口する。「これじゃぁ、ここ利用する人少ないだろうなぁ」と思っていると、東武線でルートが遮断されていることがわかって妙に納得。仕方なく線路を東に進み、高架工事箇所から国道407号へ出る。ここまで来たらロードまで戻るのも馬鹿らしいので、そのまま南下。市役所近辺ではビル風のように風が強い。このまま刀水橋まで向かおうかと考えたが、何もない川道を進むのもつまらんだろうと思い、国道354線から少し南の道を東へ進む。
ほどなくして大泉町へ入る。多少風が和らぎ住宅街から工場街へ快調に進めると、木々に囲まれた自転車専用道路を発見する。なんか良い雰囲気でしばし休憩する。追い風での行程なのでほとんど疲労もない。その後も邑楽町の広域農道??千代田町工業団地内側道と快調に進め、無事目的地に到着。
走行距離:47.7km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。